あなたの悩みを解決します!本のソムリエ

神社で引き寄せ開運表紙


  • 人文・思想・実用・自己啓発

スポンサードリンク

『神社で引き寄せ開運☆』日本人にも目から鱗の神社と神様のお話

あなたの悩みをズバリ解決!

あなたが必要とする本を提供します!

本のソムリエ じゅんです。

 

 

amazon評価(2016/12/10現在) :
(4.9/5)

分かりやすさ :
(5/5)

実践しやすさ :
(5/5)

役に立った度 :
(5/5)

じゅん評価:

(5/5)

 

この本『神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック』はこんな方におすすめ

 

・願いをかなえたいと思っている人

・日本人として神社のことくらい知っておきたいと思っている人

・もう後は神頼みしかないと思っている人

 

『神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック』目次

 

1章 願いをかなえてくれる神さまと神社のひみつ
2章 祭事は神さまからのスペシャルギフト
3章 ますます願いがかなう参拝のお作法
4章 願いを最速最短でかなえる三つの方法
5章 効果を発揮してくれるお守り、神札・神棚、ご朱印帳
特別付録 あなたの願いをかなえる最強神社ガイド―イチオシ5社+ご利益別全国おすすめ神社185社

 

まさに『リアル神ってる!』発売からわずか1週間で増刷が決まった神様の本

 

須賀神社鳥居

 

あなたは日本人ですか?

 

もしあなたが日本人だとしたら、『神社』のことについてどれくらい知っていますか?

 

日本全国に約8万社あると言われる『神社』。

 

知っているようでいて、実は意外に知らないことがいっぱい。

 

今回紹介する本『神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック』を読むと、まさに『目から鱗』な『神社』や『神様』に関わるお話をこれでもか、というくらいに知ることができます。

 

・神社は神様にお願いをしに行くところじゃない?

 

・神様ネットワークで八百万(やおよろず)の神々が縁を結んでくれる?

 

・スサノオノミコトはマザコンで、オオクニヌシノミコトはいじめられっ子だった?

 

日本人なのに知らなかった神社や神様のことが、かわいらしいイラストと共に綴られており、楽しみながら頭に入ってくるようになっています。

 

そしてこの『神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック』、本が売れないと言われる今の時代に、なんと初版から1週間で増刷が決まったそうです。

 

『神ってる!』が流行語大賞になった2016年、まさに『リアル神ってる!』を地で行く神様本なのです!

 

あなたが大事にすべき三柱の神々って何?

 

伊勢神宮参道

 

さて、あなたが大事にすべき3つの神社ってどこか知ってますか?

 

※ちなみに、神様の数え方は『一柱』、『二柱』、『三柱』・・・、神社の数え方は『一社』、『二社』、『三社』・・・と数えます。

 

あなたが大事にすべき3つの神社はそれぞれ『氏神神社』、『産土(うぶすな)神社』、『土地神神社』と呼ばれます。

 

・氏神神社

 

『氏神神社』とは、先祖代々、いわゆる祖先神を祀った神社のことです。

 

と言っても、『そんなのどこにあるか分からな~い』というのが実情ではないでしょうか?

 

私も、亡くなったおじいちゃんが戦時中に新潟から疎開してきたみたいな話は聞いたことがあるのですが、実際にどこに住んでいたかはわからない。

 

恐らく父親に聞いても、父親の生まれる前の話なので、詳しい住所までは分からないでしょう。

 

だとすると、更に祖先を遡って・・・なんて、追っていくのは大変です。

 

で、そんな私のような人は次のように考えても良いらしいです。

 

先祖代々の氏神神社がわからない方は、現在お住まいの地域を守ってこられた土地神さまを、氏神神社として大切にしてください

 

おお、一気にハードルが下がりました!

 

氏神神社の探し方もこの本に書かれていますので、ぜひあなたの『氏神神社』がどこか調べてみてください。

 

・産土(うぶすな)神社

 

生まれた土地を守っている神様を祀った神社のことを『産土神社』と言います。

 

あなたが産まれた『病院』のある土地ではなく、あなたが『幼少時に住んでいた』土地のことを『産土』と呼ぶので、間違いのなきよう。

 

つまり、もしあなたの両親が、あなたが産まれた後に一度も引っ越しをしていないのなら、その土地の神社が『産土神社』になります。

 

しかし、中には『引越ししまくってたからよく分からない~!』なんて人もいるでしょう。

 

基本的には『7歳までに住んでいたところ』らしいのですが、私なんかは7歳になるまでの間に3回引っ越し、要は4つの場所に住んでいたので、いったいどこが私の『産土神社』なんでしょ? という状態です。

 

で、そんな人は『7歳までにメインで住んでいたところ』が『産土神社』になる、即ち『7歳までで一番長く住んでいたところ』が『産土神社』になる、ということらしいです。

 

私の場合、3番目に住んでいたところが1年、4番目に住んでいたところは私が小学校入学の時から住み始めた所なので7歳になるまでは1年ちょっと。

 

ですから、1つ目か2つ目に住んでいたところのどちらかが『7歳まで住んでいたところ』で最も長く住んでいた場所、ということになるようです。

 

正直覚えてないので、年末年始に実家に帰った時に両親に聞いてみます。

 

そんな感じで、あなたも『産土神社』がどこか調べてみてください。

 

・土地神神社

 

3つの神社の中では最も調べやすいのが『土地神神社』。

 

なんせ『いま住んでいる場所を守っている神様を祀っている神社』のことが『土地神神社』なのですから。

 

あなたの今住んでいるところから一番近い神社を調べてみてください。

 

『いま住んでいる場所』の神様なので、もちろん引っ越しするたびに『土地神さま』は変わります。

 

引っ越したら、『土地神神社』はどこか? 調べておきましょう。

 

願いが叶うおみくじの引き方を伝授!

 

伊勢神宮内宮

 

おみくじって、今まで初詣の時にひいて、『大吉だ、ラッキー』とか、『うわ~、凶だ、最悪』なんてふうにしてませんでしたか?

 

私は完全にそうしてました。

 

しかし、おみくじの本当の引き方は、それじゃダメなんです。

 

おみくじを引く前に、まず『叶えたい願い事について、神様に具体的な質問』をします。

 

その上でおみくじを引いて、そこに書かれていることをしっかり読む。

 

書かれている教えを『アドバイス』として受け取って、今後の行動に活かしていく。

 

これが本当の『おみくじの引き方』なんです。

 

私も次からおみくじを引く時は、この教えに沿ってやってみたいと思います。

 

その他にも、神社にまつわる為になるお話がいっぱい詰まった『神社で引き寄せ開運☆: 神さまに愛されるお参り&ご利益ブック』。

 

読み物としても、すっごく面白くておすすめです。

 

あなたも手に取って、ぜひ読んでみてください。

 


スポンサードリンク



Pagetop