あなたの悩みを解決します!本のソムリエ

一緒にいると楽しい人疲れる人表紙


  • 人文・思想・実用・自己啓発

スポンサードリンク

『一緒にいると楽しい人、疲れる人』一緒にいて楽しい人になろう!

あなたの悩みをズバリ解決!

あなたが必要とする本を提供します!

本のソムリエ じゅんです。

 

 

amazon評価(2017/4/2現在) :
評価なし

分かりやすさ :
(5/5)

実践しやすさ :
(5/5)

役に立った度 :
(5/5)

じゅん評価:

(5/5)

 

この本『一緒にいると楽しい人、疲れる人』はこんな方におすすめ

 

・この本のタイトルを見て、ドキッとした人

・なんとなく苦手だな~、という人がいる人

・魅力的な人になりたい! と思っている人

 

『一緒にいると楽しい人、疲れる人』目次

 

第1章 「会話がはずむ人」になる
第2章 「気持ちのいい人」になる心と行動のクセ
第3章 「疲れる人」は、どんな人?
第4章 「気にしない人」になる心と行動のクセ
第5章 「魅力的な人」には、わけがある
第6章 「ほめる人」になる
第7章 「疲れる人」への対処法

 

あなたは相手にとって『楽しい人』? それとも『疲れる人』?

 

おどけたポーズをとる女性

 

タイトルを見ただけで、なんだかドキドキしてしまいます。

 

『一緒にいると楽しい人、疲れる人』

 

自分はもしや『疲れる人』なのでは? という思いが頭をよぎります。

 

そう思ったのなら、この本を手に取って『楽しい人』になれるように、意識改革を始めましょう!

 

『疲れる人』ってどんな人?

 

座り込んで落ち込む女性

 

一緒にいて『疲れる人』ってどんな人でしょう?

 

代表的な例として、次のような人たちが挙げられています。

 

  • 気分屋
  • 自慢する人
  • 人目を気にする人
  • 『絶対』という言葉を使う人
  • すねる人
  • 比べたがる人

 

私の場合は『人目を気にする』というのと、『比べたがる』という2つが当てはまりそうです。

 

いろいろな本を読んで、やっちゃいけないことだと、わかっているのですが、ついつい人目を気にしたり、他人と比べたり、ということをしてしまいます。

 

でも、これらは一緒にいる人にとっては『苦痛』以外の何物でもありません。

 

あなたも思い当たる節があれば、『疲れる人』の要素を排除できるように努力しましょう。

 

『一緒にいて楽しい人』は『会話がはずむ』『気持ちのいい』『魅力的な』『ほめる』人

 

元気よくジャンプをする男性

 

では逆に『一緒にいて楽しい人』ってどんな人でしょう?

 

それは見出しにも挙げた『会話がはずむ』『気持ちのいい』『魅力的な』『ほめる』人です。

 

『会話が弾む人』というのは、一方的に話す人ではなくて、むしろ『相手にしゃべらせるのがうまい』人。

 

単なる『聞き上手』ではなく、いかに相手から会話を引き出すか、というところが重要になります。

 

『気持ちのいい人』というのは、きちんと挨拶ができたり、正直だったり、親切で不機嫌にならないような人のこと。

 

『笑顔』と『ゆるさ』を常に持ち合わせることがポイントです。

 

『魅力的な人』というのは、『いつも楽しそう』で『謙虚』で、『自分の言葉で表現』できて、『おしゃれを楽しんでいる』人。

 

なんにでも『前向き』であることがポイントですね。

 

最後の『ほめる人』というのは、読んで字の如し、ほめられて嫌な気分になる人はいないでしょう(ほめ殺しはいけませんが(^^;)。

 

でも『人をほめる』というのは慣れていないと案外と難しく、わざとらしくない『ほめ方』は普段からの心掛けが大切です。

 

ひとつのトピックが2ページで簡潔に書かれていて、すごく読みやすい本です。

 

あなたも『一緒にいて楽しい人』になりませんか?

 


スポンサードリンク



Pagetop