あなたの悩みを解決します!本のソムリエ

脊柱管狭窄症は自分で治せる表紙


  • 科学・医学・コンピュータ・IT・資格

スポンサードリンク

『脊柱管狭窄症は自分で治せる』99%の腰痛患者を治すストレッチ

あなたの悩みをズバリ解決!

あなたが必要とする本を提供します!

本のソムリエ じゅんです。

 

 

amazon評価(2016/12/24現在) :
(3.9/5)

分かりやすさ :
(5/5)

実践しやすさ :
(5/5)

役に立った度 :
(5/5)

じゅん評価:

(5/5)

 

この本『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』はこんな方におすすめ

 

・慢性的な腰痛に悩んでいる人

・親や身近な人が腰痛に悩んでいるという人

・どんな治療を施しても一向に良くならない腰痛持ちの人

 

『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』目次

 

第1章 あなたの痛みのタイプがすぐわかる「腰痛セルフチェック」
第2章 脊柱管狭窄症を自分で治す! 新常識
第3章 なぜ、簡単ストレッチで痛みが消えるのか
第4章 脊柱管狭窄症を見事克服した患者さんの実例集
第5章 腰痛知らずで一生過ごすための日常生活の知恵
第6章 脊柱管狭窄症が治れば、人生が変わる!
第7章 正しく知って、痛みを撃退! 腰痛治療Q&A

 

著者は千葉ロッテマリーンズのオフィシャルメディカルアドバイザー

 

スポーツ選手には椎間板ヘルニアといった『腰痛』に悩む人が多いのは周知の事実です。

 

特にゴルファーやプロ野球のバッターのように、いつも同じ方向に腰をひねる動作を繰り返すようなスポーツの場合、腰痛の症状を訴える人が多いです。

 

そんなスポーツ界の中でも上に挙げたプロ野球界の『千葉ロッテマリーンズ』で、球団のオフィシャルメディカルアドバイザーという経験を持つ著者の酒井慎太郎さん。

 

その酒井さんが『腰痛は99%完治する』として、すべての腰痛患者さんにアドバイスをする本『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』を紹介します。

 

 

腰痛になったら手術をする前に、まずはセルフチェックとストレッチ

 

酒井慎太郎さんは腰痛患者の99%を完治させてきた『ゴッドハンド』の持ち主。

 

そんな酒井さんが腰痛患者に推奨するのが『ストレッチ』。

 

もちろん闇雲に『ストレッチ』をすればいい訳ではありません。

 

腰痛には人によって『タイプ』があります。

 

まずは自分の腰痛がどの『タイプ』なのかを知るために、『腰痛セルフチェック』をします。

 

腰痛のタイプには2つあって、1つが『前屈みになると痛むタイプ』、もう1つが『体を後ろに反らすと痛むタイプ』です。

 

ただ、この『腰痛タイプ』、大抵の人は両方の要素をもっています。

 

知るべきなのは、自分がどちらのタイプがよりひどい状態なのかを知ること。

 

セルフチェックの結果によって、どっちのタイプに効果的なストレッチに重点を置くかを決めるわけです。

 

ストレッチを続けるコツは『頑張りすぎない』こと

 

先日紹介した『腰痛放浪記 椅子がこわい』の夏樹静子さんは、腰痛を治そうと相当頑張っていました。

 

『腰痛放浪記 椅子がこわい』夏樹静子が闘った腰と心の闘病日記

 

 

しかし、『腰痛』という手ごわい相手を倒すコツは『頑張りすぎないこと』と酒井さんは言います。

 

この本で紹介しているセルフケア法も、頑張りすぎて過剰に行ってしまうと、かえって悪影響が出ることもあります。ですから、各ストレッチの項目にあるやり方・回数・限度などを守っていただきたいと思います。

 

この本『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』で紹介しているストレッチは、本当に気軽にやれるようなことばかり。

 

テニスボールをお尻や背中に当てて、仰向けに寝るだけとか、身体をひねるだけといった簡単なものしかありません。

 

今、私の母が『腰痛』という名の手ごわい相手と戦っている最中なので、この本とテニスボールをプレゼントして、酒井さんの他の患者のように『腰痛完治』を目指して、『頑張りすぎないストレッチ』を実践してもらおうと思います。

 


スポンサードリンク



Pagetop