あなたの悩みを解決します!本のソムリエ

できる大人9割がやっている得する睡眠法表紙


  • 科学・医学・コンピュータ・IT・資格

スポンサードリンク

『得する睡眠法』忙しくて寝る時間がないなら睡眠の質を上げよう!

あなたの悩みをズバリ解決!

あなたが必要とする本を提供します!

本のソムリエ じゅんです。

 

 

amazon評価(2017/4/19現在) :
(4.3/5)

分かりやすさ :
(5/5)

実践しやすさ :
(5/5)

役に立った度 :
(5/5)

じゅん評価:

(5/5)

 

この本『できる大人の9割がやっている 得する睡眠法』はこんな方におすすめ

 

・仕事中や会議中についうとうとしてしまう人

・忙しくて、寝る時間がない! という人

・集中力や記憶力、パフォーマンスが低下していると感じている人

 

『できる大人の9割がやっている 得する睡眠法』目次

 

第1章 3つの「仕事力」と睡眠のすごい関係
第2章 たった「3つのコツ」で、たちまち仕事力アップ!
第3章 仕事力をさらに上げる「ちょい足し」アクション
第4章 こんなときどうする?知っ得「快眠Q&A」

 

『悪い睡眠』は見た目も、頭も、行動も悪くする!

 

膝の上でイスのひじ掛けにあごを載せて寝る我が家の愛犬パピヨンのアリア

 

忙しくて仕事が終わらない、家に帰れば家事もしなければならない、昇進のためには勉強もしなければ、休みの日には家族サービスもしないと!

 

毎日、来る日も来る日もこんなことを繰り返していると、寝る時間なんて確保できないよ、なんて嘆きたくなってきますよね。

 

『睡眠は大事』と言われても、『そりゃあ、わかるけど。現実問題、寝る時間なんてないし・・・』なんて思ってませんか?

 

私も平日はサラリーマンして、ブログも書いて、小説も書いて、なんてしてると、いくら楽しいことばかりとはいえ、睡眠時間を多少削らないとすべてをやり切ることはできません。

 

でも、睡眠時間を削るとパフォーマンスは当然下がります。

 

ちなみに、私の小説の師匠の櫻井秀勲先生は『寝ると死ぬ』といって、若い頃なんかは毎日3時間しか寝てなかったらしいです。

 

でもそういう人は特殊なケースであって、やはり寝るのは大事。

 

どこかで折り合いをつけて寝る時間を確保する必要があります。

 

今回紹介する本『できる大人の9割がやっている 得する睡眠法』の著者『快眠アンバサダー 小林瑞穂』さんは、『悪い睡眠』は『作業力』『記憶力』『印象力』という仕事に必要な3つの能力の低下を招くと警鐘を鳴らします。

 

『作業力』というのは『行動』『パフォーマンス』のこと。

 

『悪い睡眠』を繰り返していてはいい仕事なんてできっこありません。

 

また人の名前を覚えられなかったり、必要な知識をなかなか身につけられなかったりというように、頭も働かなくなります。

 

それに疲れた顔して、仕事相手にいい印象を与えられない、いわゆる『印象力』の低下も、『悪い睡眠』では必至です。

 

『よい睡眠』のために起きている時の行動を変えよう!

 

ひっくり返ってへそ天で寝る我が家の愛犬パピヨンのアリア

 

ところで、ここまで『睡眠不足』ではなく、『悪い睡眠』という言葉を使っているのにお気づきでしょうか?

 

世の中にある『睡眠本』はだいたい『夜早く寝て、朝早く起きる』ということを推奨しています。

 

しかし、この本『できる大人9割がやっている 得する睡眠法』はそんな世の中によくある『睡眠本』とは違います。

 

なんと『睡眠時間が足りないなら、起きている時間に工夫をして、睡眠の質をアップさせよう』という趣旨なんです。

 

つまり、『悪い睡眠』というのは、ここで言っている『睡眠の質』が低い状態を言っています。

 

『睡眠の質』をアップさせるのにやるべきことは次の3つだけ。

 

  1. カーテンを開けて寝る!
  2. 夜はゆるめる!
  3. 朝は好きから始める!

 

たったこれだけ!

 

それぞれの詳しいことは本書を読んでください。

 

どれも簡単にやれることですから、まずは実践してみましょう。

 

私は普段から仕事中に眠くなることはほとんどないのですが、会議だけは苦手。

 

時々うつらうつらしてます。

 

それで、今週上記のことを試してみましたが効果てきめん!

 

会議中に眠気が襲ってくることはありませんでした。

 

ちなみに私の睡眠時間は4~5時間。

 

もうちょっと寝ろ! って怒られそうですが(^^ゞ

 

仕事力をさらに上げるためのちょい足しアクションやQ&A集もある充実の1冊!

 

ベッドで布団をかけて寝る我が家の愛犬パピヨンのアリア

 

毎日一定のリズムで寝たり起きたりを繰り返すことができればいいのですが、残業で帰りが遅くなってしまったり、どうしても朝早くに出勤しなくてはいけなかったりと、起きる時間、寝る時間を一定に保つことも難しいかと思います。

 

そんな時にどうすればよいか?

 

よくあるパターンについては、第4章のQ&Aで答えてくれています。

 

また第3章では、更なる『仕事力』アップのためのいろいろなテクニックを教えてくれてます。

 

ちょくちょくマンガが挿入されていたり、ワークが挟まれていたりして、わかりやすくて飽きさせない工夫が随所に施されていて、読書苦手な人も一気に最後まで読めちゃうでしょう。

 

睡眠の質を上げるためのコツも、すぐに実践できるものばかりですので、ぜひこの本『できる大人9割がやっている 得する睡眠法』を手に取って、試してみてください。

 

仕事の効率が上がって、プライベートに割ける時間が増えること間違いなしですよ!

 


スポンサードリンク



Pagetop