あなたの悩みを解決します!本のソムリエ

ネイティブはこう使うマンガでわかる動詞の表紙


  • ビジネス・経済・投資・金融・会社経営・語学

スポンサードリンク

『ネイティブはこう使う!』シリーズの動詞編はイメージで英語を理解する

あなたの悩みをズバリ解決!

あなたが必要とする本を提供します!

本のソムリエ じゅんです。

 

 

amazon評価(2016/10/17現在) :
(4.5/5)

分かりやすさ :
(5/5)

実践しやすさ :
(4/5)

役に立った度 :
(4.5/5)

じゅん評価:

(5/5)

 

この本『ネイティブはこう使う!  マンガでわかる動詞』はこんな方におすすめ

 

・英語の基礎をしっかりとさせたいと思っている人

・英単語の微妙なニュアンスの違いが理解できなくて、何だかもやもやした感覚を持っている人

・デイビット・セインさんの『ネイティブはこう使う!』シリーズのファンの人

『ネイティブはこう使う!  マンガでわかる動詞』目次

 

1 基本動詞(come/go―行ってきまーす! bring/take―アメリカみやげを持ってきたよ! ほか)
2 身近な動詞(初級)(watch/see―一緒に映画を見よう! look at/see―何が、見えるんだい? ほか)
3 身近な動詞(上級)(paint/draw―そんなに立派なのを描いてくれなくても… choose/select―早くいいものを選ぼうよほか)
4 助動詞(be going to/will―やっぱり参加しようっと! can/be able to―「ノー」なんて言えないよ ほか)

TOEICで問題ではまった”wear”と”put on”の違い!

 

上着を羽織る男性

 

数年前に会社の同僚何人かで、一緒にTOEICを受験した時のこと。

 

TOEIC試験終了後に、PART1の試験で取りこぼししてちゃいけないよね、ということで、こんな問題あったけど確実に点採れてるよな~、お互いに答え合わせをしていた時のことでした。

 

私の記憶が正しければ、確か、男性がジャケットか何かを羽織ろうとしていた場面で

 

A. He is wearing a jacket.

B. He is putting on a jacket.

 

といった選択肢がある問題がありました。

 

男性はジャケットを着ているんだから、当然Aだよね、とお互い結論付けようとしていました。

 

しかし、よくよく調べてみると、それは間違いであることが分かったのです!

 

英語の2つの動詞”put on”と”wear”には、こんな違いがあった!

 

英和辞典

 

実は”put on”と”wear”というそれぞれの動詞、イメージは次のようになるのです。

 

put on ・・・ (服などを)身につける(動作)

wear ・・・ (服などを)身につけている(状態)

つまり、男性が今まさにジャケットを着ようとしている状態を表すのは”put on”の方だったのです。

 

『ネイティブはこう使う!  マンガでわかる動詞』では英語の動詞のニュアンスがイメージで理解できる!

 

 

『ネイティブはこう使う!』シリーズの動詞編『 マンガでわかる動詞』では、それぞれの動詞のニュアンスを、かわいいイラストで表現してくれているので、とってもイメージがつかみやすくなっているのです。

 

例えば、上で挙げた”put on”と”wear”。

 

“put on”では、男の子がシャツを着ようとしているイラストが、”wear”では、男の子がシャツを着てポーズをとっているイラストが描かれていて、言葉のイメージの違いが一発で分かるように書かれています。

 

『ネイティブはこう使う!  マンガでわかる動詞』で、英語動詞を使いこなそう!

 

『ネイティブはこう使う!』シリーズの動詞編『 マンガでわかる動詞』では、上に挙げた例以外にも、

 

”come home”と”go home”はどちらも日本語で『家に帰る』だけど、時間軸で考えると、意味は違うんだよ、

 

という解説や、

 

”finish”と”end”、”tell”と”say”の違い等々、たくさんの動詞の『真の意味』が理解できるように書かれています。

 

『ネイティブはこう使う!  マンガでわかる動詞』で、英語学習の基礎を積み上げましょう!

 


スポンサードリンク



Pagetop