あなたの悩みを解決します!本のソムリエ

A41枚アンケートで利益を5倍にする方法表紙


  • ビジネス・経済・投資・金融・会社経営・語学

スポンサードリンク

『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』で業績アップ!

あなたの悩みをズバリ解決!

あなたが必要とする本を提供します!

本のソムリエ じゅんです。

 

 

amazon評価(2016/10/8現在) :
(4.3/5)

分かりやすさ :
(5/5)

実践しやすさ :
(4/5)

役に立った度 :
(4.5/5)

じゅん評価:

(5/5)

 

この本『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』はこんな方におすすめ

 

・自分の『商品』や『サービス』の売り上げが上がらなくて困っている人

・アンケートを取ってはいるが、それが売り上げの改善に繋がっていない人

・『お客様』に『商品』や『サービス』を買ってもらえるスゴ腕営業マンになりたい人

『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』目次

 

プロローグ これが、売上が上がったチラシ・DM・ホームページだ!
第1章 「A4」1枚のアンケートを用いる5つのメリット
第2章 これが岡本式「A4」1枚アンケートだ!
第3章 利益が5倍になるチラシ・DM・ホームページはこうつくれ!
第4章 あなたも実践!売れるチラシ・DM・ホームページの素材をつくってみよう!
第5章 「A4」1枚アンケートをさらに活用する

 

なぜあなたの商品やサービスは売れないのか?

 

回答された数枚のアンケート用紙

 

あなたは働いていますか?

 

それともこれから働こうとしていますか?

 

あなたが今既に働いていようが、これから働く先を探して将来的に働くことになろうが、『働いて対価を得る』先には必ず『お客様』の存在があります。

 

それは『何か物を作って売る』にしても、『何らかのサービスをする』にしても、私のように『ブログを書く』にしても、その先に『お客様』(ブログの読者も広い意味で『お客様』に含めます)がいるのです。

 

では、あなたの売るもの、サービスするもの、書いたものは売れていますか? 読者を得られていますか?

 

もし、あなたの商品やサービスが売れていない、ブログが読まれていないのであれば、今回紹介する本『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』を読んで、実践することをおすすめします。

 

この本の裏表紙にこんなことが書かれています。

 

売れないのは、チラシ・DM・ホームページにお客様の気持ちを反映できていないからだ!

 

では、どうすれば『お客様の気持ちを反映』できるのか?

 

それがタイトルにもなっている『「A4」1枚アンケート』なのです。

 

アンケートを取るだけでは、あなたにもお客様にも無駄な時間を与えるだけ

 

Yesに回答したアンケート

 

とは言え、闇雲にアンケートを取るだけでは、あなたにとっても、お客様にとっても時間と労力の無駄になるだけです。

 

どんなアンケートが『無駄なアンケート』と言えるのか?

 

筆者は次のような事例を挙げています。

 

事例1:感想を書かせるアンケート

事例2:質問の量が多すぎるアンケート

事例3:負担を軽減しているつもりのアンケート

事例4:スタッフのモチベーションを上げるためのアンケート

 

アンケートに答える側に立って考えれば、事例2が嫌なのは分かりますよね?

 

質問の量が多すぎれば、まともに答える気力なんて湧きません。

 

結果、お客様の真の声を反映した回答を得ることなどできないのは火を見るよりも明らかです。

 

では、その他の事例はどうでしょう?

 

例えば事例1。

 

『~はどうでしたか?』『~は面白かったですか?』『何かお気づきの点があればお書きください』といったアンケート。

 

一見、有用なアンケート方法に見えます。

 

しかし、この質問では、『よかった』『面白かった』『特にありません』といった単調な回答しか得られないでしょう。

 

セミナーを受けといて、『つまらなかった』ともなかなかその場で書けませんし、今後このアンケートを活かして、どう改善していけば良いか、皆目見当もつかないでしょう。

 

『アンケート』というものは、回答から今後の改善ポイントを掴めなければ何の意味もありません。

 

では、どのようなアンケートを取れば、今後の改善に活かせるのか?

 

それがこの本『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』の第2章に具体的に書かれています。

 

「A4」1枚アンケートで知るお客様の購入プロセス

 

考えるサラリーマン男性

 

どのようなアンケートであれば有益な情報が得られるのか?

 

“How”(どのようにアンケートを作るのか?)の前に、”why”(なぜアンケートを取るのか?)を考えることが重要です。

 

このことについて、筆者は次のように書いています。

 

本当に把握しなければならないのは、アンケート作成者の思い込みでつくられた想定回答ではなく「お客様の心が購買行動によって、どうやって変化していくか」をいう心理プロセスそのものだからです。

 

この前提を定義した上で、『「A4」1枚アンケートの5つの質問』を次のように提示しています。

 

「A4」1枚アンケート5つの質問

Q1.「商品を買う前に、どんなことで悩んでいましたか?」(第1段階:欲求発生)

Q2.「何で、この商品を知りましたか?」(第2段階:情報収集)

Q3.「(商品名)を知ってすぐに購入しましたか? もし購入しなかったとしたら、どんなことが不安になりましたか?」(第3段階:購入不安)

Q4.いろいろな商品がある中で、何が決め手となってこの商品を購入しましたか?」(第4段階:購入実行)

Q5.実際に使ってみていかがですか?(第5段階:購入評価)

 

必要に応じて、上記質問にプラス年齢や性別、住所等聞くようにすれば良いでしょう。

 

こういった質問であれば、改善として具体的な回答が得られるはずです。

 

上記質問の回答からは、『この不安を取り除いてあげればもっと購入者が増えるかも』だとか、『口コミルートで商品を知ってくれたお客様が多いけど、HPを見て知ったというお客様が少ない。HPを改善しよう』といった具体的な改善点が見えてくる訳です。

 

具体例も数多く載っていますので、この本『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』を読んで、ぜひ実践してみてください。

 

ブログですと、アンケートを取るのはなかなか難しいのですが、読者の声をなんとかして拾って、改善につなげていきたいです。

 

その前にこの記事を書いている時点で、まだ27記事しかありません。

 

記事数を上げなければGoogle検索に引っ掛かってこないことは重々承知しているので、まずは記事の充実を図っていきたいと思いますんで、よろしくお願いいたします(^^ゞ

 


スポンサードリンク



Pagetop