あなたの悩みを解決します!本のソムリエ

数学的コミュニケーション入門なるほどと言わせる数字論理話し方表紙


  • ビジネス・経済・投資・金融・会社経営・語学

スポンサードリンク

これであなたのプレゼン力アップ!『数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方』

あなたの悩みをズバリ解決!

あなたが必要とする本を提供します!

本のソムリエ じゅんです。

 

 

amazon評価(2017/4/9現在) :
評価なし

分かりやすさ :
(5/5)

実践しやすさ :
(5/5)

役に立った度 :
(5/5)

じゅん評価:

(5/5)

 

この本『数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方』はこんな方におすすめ

 

・説明がわかりにくいといつも言われる人

・プレゼンの技術を上げたいと思っている人

・数字が苦手だと思っている人

 

『数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方』目次

 

第1章 数字のつくり方―「なるほど」と言わせる「定量化」の技術

1 定量化するための数学的思考法
2 数学的センスの磨き方
3 エクセルを使った数学的仕事術
第2章 グラフの使い方―資料を「一目瞭然」にする技術

1 いまさら聞けないグラフの超基本
2 絶対にやってはいけないグラフのNG行為
3 デキる人に見せるプラスαのグラフ術
第3章 論理的なシナリオのつくり方―成功するプレゼンの準備術

1 そもそもプレゼンとは?
2 絶対に守って欲しい3つのポイント
3 「なるほど」と言わせるシナリオづくり
第4章 数学的な話し方―わかりやすく説明する技術

1 「わかりやすい説明」って、なんだ?
2 説明が劇的にわかりやすくなる3つのポイント
3 ヒントはすべて数学の教科書にある

 

プレゼン力をアップしたいなら、まずはこれを読もう!

 

オフィスのノートパソコンに表示された各種グラフ

 

今回紹介する本『数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方』の著者は、先日紹介した本『「伝わらない」がなくなる 数学的に考える力をつける本』と同じ、深沢真太郎さんです。

 

『「伝わらない」がなくなる 数学的に考える力をつける本』で論理的・数学的に説明しよう!

 

 

少し似た内容ではあるのですが、こちらの『数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方』は、より『プレゼン』に特化した本となっています。

 

もしあなたが、仕事や研究、論文でのプレゼン力をアップしたいと考えているのなら、この『数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方』を読むことをおすすめします。

 

グラフは正しい使い方をしてこそ意味がある

 

並べられた各種グラフ

 

時々、見た目がカッコいいからといって、グラフを3Dにしている人を見かけます。

 

見た目は確かにカッコいい、しかし本来の『プレゼンしている相手に理解してもらう、動いてもらう』という目的を達成できているでしょうか?

 

例えば本書のp.113に例示された3Dの円グラフ。

 

注文割合の中の『パスタ 24%』と『ハンバーグ 22%』では、手前側の『ハンバーグ 22%』の方が大きく見えてしまっています。

 

これでは『ハンバーグの方がたくさん注文されてる』なんて勘違いされてしまって、正しく伝わるとは思えません。

 

このように『自己満足』な資料を作るのではなく、相手の視点に立って『伝えたいメッセージをグラフに込める』ことが肝要です。

 

今日からあなたも、この本『数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方』を読んで、相手を動かす“For me”ではない、”For you”なプレゼンを心がけましょう。

 


スポンサードリンク



Pagetop